ミノキシジルで本当に髪は生えるのか?

当サイトは、予防医学のアンファーより2018年8月に発売された【スカルプD メディカルミノキ5】について深掘りしています。

日本でOTCとして唯一発毛効果(※)が認められているミノキシジル。
(※壮年性脱毛症における)

今までミノキシジルを使うためには、クリニックで処方してもらうか、リアップ(大正製薬)を買うかの2択でした。

新しい選択肢として加わったのがスカルプD メディカルミノキ5

まずは、ミノキシジルについてざっくり説明していきます。

スカルプD メディカルミノキ5お買い得情報はこちら

 

ミノキシジル5%で髪は本当に生えるのか?
育毛より発毛して欲しい

薄毛で悩んでいる方のほとんどは、「今ある髪を守りたい」のはもちろん、「薄い部分に新しい髪を生やしたい」という願望があるかと思います。

しかし“髪を生やしたい”場合、育毛剤を使用しても満足のいく結果は期待できません。

理由を説明します。

 

使いたいのは育毛剤か?発毛剤か?

育毛剤or発毛剤使いたいのはどっち?

薄毛対策商品には2種類あります。

それは育毛剤発毛剤です。

育毛剤は、今ある髪を守るため、あるいは将来薄毛にならない対策として用いるものです。

薄毛の初期段階ならともかく、このままだとハゲてしまうのでは?と深刻に悩んでいる方が手に取るべき商品ではありません。

それに対し発毛剤は、その名の通り髪の毛を生やすことに特化しています。

頭皮がスカスカで悩んでいる人、M字型の薄毛が気になり始めた人が選ぶべきは発毛剤です。

 

発毛が認められたミノキシジル含有の発毛剤

ポイント

ミノキシジルは、世界90ヵ国以上で承認されている有効成分。

もちろん日本国内においても、医学的に発毛が認められている成分です。

同じくAGAに効果がある成分としてプロペシアも有名ですが、こちらはどちらかといえば男性ホルモンに働きかけることで抜け毛を予防してくれるものです。

薄毛を改善したいと考えるならば、ミノキシジルを含んだ発毛剤がベストです。

現在、ミノキシジル発毛剤は、大正製薬のリアップや、【第1類医薬品】スカルプD メディカルミノキ5 (60mL)など、数社から販売されています。

 

ミノキシジルによって髪が生えるメカニズム

ミノキシジルが発毛に効果的なのは有名な話ですが、メカニズムまで具体的に理解している人は少ないかもしれません。

多くの人は「血流が改善され、頭皮にまで栄養が行き渡るため」だと思っています。

もちろんそれも間違いではないのですが、血流改善だけで髪が生えるのであればそもそもミノキシジルである必要はないと思いませんか?

もっと他にも血行促進の手段はあります。

ポイント

ミノキシジルによる発毛効果のメインは、毛母細胞に働きかけて活性化させることで、新しく髪を生やすことです。

目に見える髪の毛は死んだ細胞なので、いくら手ほどこしたとしても髪が太くなったりはしません。

しかし毛母細胞は生きた細胞であり、ここに働きかけることができれば薄毛改善に大きく作用します。

それを実現するのがミノキシジルなのです。

“ミノキなら生える”理由

 

ミノキシジルは飲むタイプと塗るタイプどちらがいいの?

ミノキシジル飲むか塗るか?

ミノキシジルには、タブレット状のもの(いわゆるミノタブ)と塗るタイプの2種類があります。

当然、直接服用するミノタブの方が効果は高いとされています。

しかし、その分副作用が出る確率も高いとされています。

ミノキシジルによる副作用は軽度のものから重度のものまであるので、慎重に扱う必要があります。

それでは塗るタイプのミノキシジルでは効果がないのかといえば、全くそのようなことはありません。

国内で販売されているミノキシジルを含んだ発毛剤といえばリアップが有名ですね。

ミノキシジル5%製剤の臨床試験結果は、一般にも公表されていますし、継続使用により発毛効果が確認されています。

大切なのは飲むタイプか塗るタイプか、というよりも継続です。

これは、人間のヘアサイクルの仕組みから考えても明らかです。

残念ながら、ミノタブを選んだからといってすぐに髪は生えたりしません。

いずれにせよある程度の期間、継続してケアすることが必要です。

副作用の心配が少ない塗るミノキシジルでの育毛ケアを検討されてはいかがでしょうか。

 

お悩みによって育毛剤と発毛剤を使いわけ

お悩みによって育毛剤と発毛剤は使い分ける

育毛剤を使うか、それとも発毛剤を使うか迷う方もいらっしゃるかもしれません。

先述したように、“育毛剤には育毛剤なりの有用性”はあります。

育毛剤を使い始めたことでヘアケアに対する意識が高まり、シャンプーを丁寧にしたり、マッサージをして頭皮環境をよくしたり。

これで抜け毛が防げている場合は、発毛剤を使う必要はありません。

しかし、長期間使っていても、抜け毛が防げないなど満足できない方は、発毛剤をお試ししてはいかがでしょうか。

参考

そもそもAGAに効果を認められている成分はミノキシジル・フィナステリド・デュタステリドの3種類のみなので、それらを含まない商品を利用したところで発毛効果を得ることは難しいでしょう。

 

正しい薄毛対策を
~最小限の費用で最大限の効果を~

ヘアサイクルの仕組みから考えても、1~2ヶ月の薄毛対策で髪がフサフサになることはありません。

現段階ではそのような薄毛対策商品はこの世のどこにもありません。

そのため、発毛効果を実感するには最低でも4ヶ月~半年は必要です。

ポイント

つまり、発毛に重要なのは継続です。

そこで心配になってくるのが費用の問題です。

  • 続けられる価格かどうか
  • 定期購入やポイントなどを活用してコストを下げられないか

なども事前にチェックしておきましょう。

 

塗るタイプのミノキシジルを選ぶメリット

ミノキシジル発毛剤を使うメリット

塗るタイプのミノキシジルを選ぶメリットとして、悩んでいる薄毛部分をピンポイントで対策できる点が挙げられます。

スカルプD メディカルミノキ5の例でいうと、ピンポイントといっても同じ箇所でトントンする必要はありません。
1~2cm間隔でタップすればOK。
薬液が広がり、効果を発揮します。

面倒なケアをしなくていいから、続けやすいという特徴があります。

 

発毛剤の効果をより高めるためには

ミノキシジル5%の発毛剤には、発毛効果があることが証明されています。

ただし!

発毛剤に頼りきりになってしまうのはNGです。

生活習慣や食生活、ストレスなど薄毛を進行させてしまう原因を取り除く努力もしていかなくてはいけません。

それは薄毛改善だけでなく、健康的な体を手に入れるためにも重要なことです。

定期的にジョギングなどをすることも効果的です。

血行を促進し、汗をかくことで薄毛の原因になるジヒドロテストステロン(悪性男性ホルモン)を体外に排出することができます。

「健康的な生活」と「塗るタイプのミノキシジル」の組み合わせは、現段階においてかなり有効な薄毛対策と言えるでしょう。

 

まとめ

現在出回っている薄毛対策商品の数は非常に多いので、何を使うのが正解か分からなくなってしまう人も多いと思います。

しかし実際に気をつけるべき点はシンプル。

髪を生やしたい!と願う方は、AGAに対する効果が認められていながら、なるべく安全に使用できる発毛剤を探せばい良いのです。

そう考えたときにベストな選択肢の一つが「塗るタイプのミノキシジル」だと言えるでしょう。

正しい方法で確実に薄毛を改善しましょう。

 

スカルプD メディカルミノキ5お買い得情報

スカルプD メディカルミノキ5の通常価格は7,800円(税込)です。

amazon、マツキヨ、爽快ドラッグ、ケンコーコム、アンファーストアなどで購入できますが、3本セット、4本セットで割引があるのはアンファーストアだけ。

  • 3本セット→1本あたり7,020円(税込)
  • 4本セット→1本あたり6,750円(税込)

しっかり効果を実感したい方は、公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ買いで割引があるのは
アンファーストアだけ
↓↓  ↓↓  ↓↓

アンファーストア

更新日:

Copyright© ミノキシジル5%で発毛したい , 2019 All Rights Reserved.